Drive extender migrator serviceが起動しなくなったり。

最近、ブログの更新も、すっかり滞っております。

iPhone 5sを3台買ったり、PS4を予約したり、iPad mini rethinaを買ったり、普通に暮らしております。

そんな中、Windows Home ServerのHDDが1台故障。

新しいディスクに交換したのですが、故障したディスクを管理コンソールから削除しようとすると「ファイルの競合が原因でハードドライブが削除できません」的なメッセージが表示されて、削除できなくなってしまいました。

とりあえず、NASとしては機能するので、放置していたんですが、いつまで経っても記憶域のバランスが行われず、交換したHDDが空き容量に追加されない状態になっていました。

いろいろ調べてみると、Drive extender migrator serviceが起動中にコケてしまっていることが原因らしい。どうやっても、このサービスだけ起動することができなかったので、レジストリエディタで

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows Home Server¥Storage Manager¥Disks

から該当ディスクのレジストリエントリをまるっと削除。再起動すると、Drive extender migrator serviceが起動していて、交換したディスクが空き容量に追加されました。

おそらく以下のレジストリも関係していると思うんですが、今回は弄りませんでした。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows Home Server¥Storage Manager¥Volumes

後から考えると、だいぶコワイことをしたなぁと思います…。

Radeon HD 7970 CFX

8/1にリリースされる予定のFFXIVベンチマークから、CFX/SLIに対応するということで、もう1枚、HD7970を購入してみました。クロシコのデュアルファンのやつです。HD7970もGHzエディションじゃなければ、発売当初の半値くらいですね。

2枚とも、PCI Express x16で動かしたかったので、キャプチャーボードを取り外し、4番スロットにHD7970を追加。2枚ともPCI-E 3.0 x16で認識されました。

これで、最高設定、解像度2560x1440でスコア7000超、もしくは1920x1080で平均フレームレート100超のどちらかが達成できるといいんだけど。

ついでにRampage VI ExtremeのBIOSを4206にアップデートしました。このアップデート後に、少し負荷をかけるとPCHが60℃越えで警告がでるようになっちゃいました。アイドル時でも55度以下にならず、いろいろ調べてみるとBIOSの設定でPCH Fan : Disabledになっていました…。

この罠、放置していていいんだろうか。

FINAL FANTASY XIV - A Realm Reborn (Beta3 Version) 3回目

β3、3回目が6/28〜6/30に行われました。


Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

今回でβ3で公開されているメインシナリオを完了させました。

メインシナリオ最後のダンジョンでは既にクリア済みの方とPTを組んだのですが「初見の方もいるので、最初はノーヒントでいきます」と、配慮してもらい、事前情報無しで挑戦。

序盤は安定していたので「これはイケル!」と思ったのですが、あれやこれやで全滅。途中でとった行動の是非を経験者の方に確認して再挑戦。2回目でクリアいたしました。

ボス戦で失敗しても、すぐリスタートできるし、デスペナルティも、ほぼ無いので初挑戦のメンバーがいた場合、「1回目はノーヒントで」というPTは結構多いようです。


今回のテストから弟が参戦したのですが、基本的に放置して、ギルドオーダーにだけ誘ってみました。弟は剣術士、私は幻術士にクラスチェンジして、「Lv15ギルドオーダーに行きます。アタッカー2名募集!」とshout。ものの10秒で4人PTが完成。タンクとヒーラーさえ押さえれば、PT構成はかなり楽。

ギルドオーダー初挑戦の人もいたので、Lv10のものから、4連戦してきました。

今回、実装予定だったコンテンツファインダーが延期となったので、次回実装されるかが気になります。


LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600r

M950を使ってきましたが、すぐに電池切れになってしまうし、だんだん電池を交換するのも面倒になってきて、最近はUSBケーブルを付けたまま使っていました。

G700に乗り換えることを考えたんですが、これもエネループが1本しか入らないし、M950の二の舞になると思い、G600を購入してみました。

このマウス、3ボタンマウスのような構造になっていて、一番右のボタンがGシフトボタンになっています。薬指でGシフトボタンを押している間は、ボタンやホイールに別の機能を割り当てることができます。

GシフトボタンにCtrlキーを割り当てると、片手でCtrl+クリックができるので結構便利。

サムボタンと呼ばれる10キーは、何に使うか考えていません。商品名にMMOと付くぐらいですし、FFXIVで使ってみてもいいんですが、今はXBOXコントローラーを使っているので、そのうち。




Razer Nostromo Gaming Keypad

最近、インディーゲームを購入することが多くなってきて、その殆どがゲームコントローラーに対応していないので、左手用デバイスを購入してみました。



ロジクールG13と、Razer Nostromoのどちらにするか悩んだのですが、慣れるまではキーが多すぎても使いづらそうに感じたので、Nostromoを選びました。

いろいろ、レビューしているブログをチェックするとDパッド(十字キー)にWASDを割り当てると、斜め入力ができないと書かれている事が多かったのですが、設定を8方向に変更せず、4方向のままWASDを割り当てれば、斜め入力も問題無くできました(Razer Synapse 2.0)。

といっても、親指を置く場所にある"15"ボタン(デフォルトでSPACEキーが割り当てられている)でジャンプを行うことが多いので、十字キーをWASDを割り当てることはあまりなさそう(移動しながらジャンプができなくなるので)。

基本的にデフォルト設定のまま"01"キーをESCに変更するだけで、大抵のゲームは対応できそうです。