Fire TV Stick 4K

DIGAで全録を始めてから、テレビの視聴時間は更に減っていて、原因はおそらく「たまに観たい番組があるに、観るのが大変」という問題があるのではないかと思ったわけです(Youtube/NETFLIX/Hulu/アマプラ/Daznは割と観るので)。

テレビで観る


リビングに移動してまで観ようとは思わないのでボツ。

タブレットで観る


iPad Proで、アプリをいろいろ試しましたが、そもそも全録が故に録画リストが膨大で表示できなかったり、再生できてもシークが遅かったりで、実用的ではなくボツ。

PCで観る


こちらも、いろいろ試しましたが、PC TV Plusは仮想スイッチを使っていると再生できないとか、DiXiM Play for DIGAは再生が始まるまでが遅いとか、消去法でsMedio TV Suiteが残ったものの、これもイマイチ。

共通した問題


DTCP-IP対応のプレイヤーは、再生リストに数百の番組が並ぶことを想定しておらず、検索機能も無い事。

Fire TV Stick 4K + DiXiM Play Fire TV


で、DiXiM Play Fire TVの評判がそこそこ良いので、試してみようと思ったら、初代Fire TV Stickでは、アプリのインストールすらできないことがわかり、Fire TV Stick 4Kを購入しました。

結論としては、PCで観るより快適でした。番組を選択して再生が始まるまでの時間もかなり速いし、シークもそこそこ速いです。なにより、番組名で検索が出来るのが良い(番組数が多いのでジャンルは絞る必要があるけど)。



これで、これまでの不満がある程度解消されたので、テレビ番組もそこそこ観るようになるかもしれません(視聴環境を揃えた時点で興味が無くなるかもしれない)。

4Kとか8Kの前に、この面倒臭い状況をなんとかしてほしい。というか、レコーダーもテレビで視聴する前提で設計するのをそろそろやめてほしいな。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL