iQOS 3 / iQOS 3 Multi



先行販売でiQOS 3とiQOS 3 Multiを入手しました。

iQOS 3 Multi


Multiのほうは、完全にチェインスモーカー向けです、ありがとうございました。
本体上部のスライド部分と、ヒートスティック挿入口のカバーはテンションがかかっていて、自動的に閉じるようになっています(挿入口のカバーはクリックヒンジの様に一定角度以上開くと開いたままになる)。

なので、本体上部を引き上げ、ヒートスティックを捨てる時に、本体上部とスティック挿入口のカバーが連動して閉じます。

iQOS 3


iQOS 3のほうは、従来製品の「充電機のフタが閉まらなくなる」問題を解決するついでに、ホルダーの向きを気にせず格納できるようにしました!という様な感じがします。ホルダーにカーボンが溜まったままの状態だと、ホルダー全長が僅かに伸びるので、それを無理矢理、充電機に押し込んでいたら、ロック部分に負荷がかかります。

それを踏まえてiQOS 3は「負荷がかからないデザイン」に変更したように思います。ホルダー格納部もスライド部分の下を指で押して開くという単純な構造で、Multiのようなギミックは特にありません。ユーザーがラフに使っても大丈夫な設計にした感じが強いです。

充電用のコネクターがType-Cになった


iPad Proで採用されたりと、今年急速にType-C化が進んだ感じがしますが、iQOSもType-Cになりました。コネクターを統一したくて、iPad Proが欲しくなります(新しいAppleペンシルが使いたいだけ)。

Type-Cも向きを気にせず使えるので、一連の動作から向きの確認を省略できて良いですね。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL