Craft CMS 3のプラグイン開発

とっかかりの部分だけをメモ。

プラグインの雛形を pluginfactory.io で作成する


https://pluginfactory.io/
ベンダー名 : package
プラグイン名 : name

Craft CMSのインストールディレクトリにdevフォルダを作成する


/craft3         /* Craft CMSのインストールディレクトリ */
/craft3/dev /* プラグイン用 */

※公式のサンプルだとCraft本体の外にプラグインディレクトリを作成していますが、IDEの都合上、同一ディレクトリのほうが都合がいい。

テンプレートを配置


ダウンロードしたzipを、/craft3/devに展開

composer.jsonに以下を追加


編集するのは/craft3/composer.json。urlに指定するのはプラグインのsrcディレクトリがある場所
  ,
"minimum-stability": "dev",
"prefer-stable": true,
"repositories": [
{
"type": "path",
"url": "../craft3/dev"
}
]


composerで反映する


$ cd /craft3
$ composer require package/name


これで、/craft3/vendor/package/nameディレクトリがシンボリックリンクとして作成されていれば成功。
/craft3/dev/src配下のファイルを編集すれば、動作確認しながら開発できます。

Craft 2の時のプラグインと構造が大分違うので、雛形を作ってからメソッド単位で移植するほうが早そう。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL