Panasonic DIGA DMR-BRX2050

2012年に購入した、ソニーのBDレコーダー「BDZ-AT970T」の調子が悪くなってきて、ハードリセットしないとメニューを開けない状態に。6年も稼働させてたら壊れても仕方が無いかなと思い、代替機としてパナの「DMR-BRX2050」を購入。いわゆる「全自動DIGA」というやつの、廉価モデルです。

最近は予約録画をする習慣すら無くなるほど、テレビは観なくなったのですが、放送翌日にSNSとかで話題に挙がった番組を観たかったなーと思うことは多いので、全チャンネル録画ができるほうがいいかも?と3分程悩んで、この機種に決定。最近のレコーダー事情には疎いのですが、ソニーには全録できるモデルが無いようなので、早々に候補から外れました。

「ほぼ全自動DIGA」を目指す


パナの上位機種は11チューナー、7TBというスペックで本当の意味で「全自動DIGA」ですが、廉価モデルは7チューナー、2TBと、やや役者不足感が。とはいえ、4Kチューナー無しのレコーダーに16万も出すつもりはないので、4TBの外付HDDを追加し、全録用(チャンネル録画用)の容量を底上げして「ほぼ全自動DIGA」くらいにする算段です。

外付HDDには4チャンネル分を割り当てられるので、内蔵HDDに2チャンネル分、外付HDDに4チャンネル分を割り当て、全ての番組を4倍録(HE)で録画したとして約9日分、これを設定で2〜3週間分にしたいところ。

チャンネル録画設定でハマる


全録の設定は以下のようにしました。
種別チャンネル録画モード録画先
チャンネル1日テレ4倍録USB-HDD
チャンネル2TBS4倍録USB-HDD
チャンネル3テレ朝4倍録USB-HDD
チャンネル4フジ4倍録USB-HDD
追加チャンネル1NHK4倍録HDD
追加チャンネル2テレ東4倍録HDD
加えて録画時間帯を「6:00〜12:00」、「18:00〜3:00」にして、ニュース、ワイドショー、バラエティー、ドキュメンタリー、趣味・教育、福祉のジャンルは15倍録に設定して、目安となる録画機関は17〜23日くらいでした。

6チューナーのうち、追加チャンネル分の2チャンネルは使用すると、いろいろと制限がかかります。
  1. BD再生やNetflixを視聴すると追加チャンネルの録画が停止する
  2. 「どこでもDIGA」やDTCP-IP対応アプリを使ってネットワーク経由で視聴したい場合は、本体の電源をOFF(リアルタイムで番組を視聴していない状態)にする必要がある
  3. 追加チャンネルの録画先は内蔵HDDのみ

と、割と厳しい制限なのですが、とりあえずNasneでこのあたりはカバーできそうなので、しばらくは6チャンネル録画で運用してみるつもりです。

で、最初のセットアップが終わった後に、何故か追加チャンネルの2チャンネル分が録画されず、「放送を受信できません」という警告が出ていました。B-CASカードを変えたり、ハードリセットをしたりしても改善されず、一度、追加チャンネル設定を全削除して、再度設定すると、録画されるようになりました。

使い勝手


・番組表が割と酷いレイアウト(バナーとプレビューが邪魔。番組表の表示中は音声だけでいいのに)
・テレビがREGZAだとHDMI CECが一部機能しない(電源OFFのほうは連動するが電源ONが連動しない)
・リモコンの音量ボタンが押しにくい(配置が上すぎ)
・新着番組ボタンは使いやすい

DIGAを初めて使うので慣れもあるんでしょうが、これまで避けてきたメーカーだけあって、UIの文化的に好きになれそうにありません…。

とりあえず、1週間くらい録画させてから、改めていろいろいじってみます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL