USB卓上ディフューザー

24時間エアコンで暖房しているためか、部屋が乾燥しがちで、鼻の粘膜が乾燥するとくしゃみが止まらなくなるので、USBなディフューザーを購入しました。

普通の加湿器は自宅にあるのですが、気化タイプの加湿器は手入れがメンドイ(内部にカビが繁殖しやすい)、加熱蒸気タイプの加湿器は起動時の消費電力が高い(うっかりブレーカーが落ちるのが怖い)、ということで卓上で使えるものを選んでみました。

だいたい6畳くらいの部屋だと、加湿量が最低150ml/時くらい必要で、一般的な加湿器は300ml/時くらい。対してこの製品は30ml/時なので、部屋自体を加湿することはできません。

ですが、デスクワークの時に、そばに置いておくと、かなり効果があり、鼻のムズムズも止まりました。リビングみたいに人の集まる場所なら、普通の加湿器が良いと思いますが、個人のスペースは、これくらいのディフューザーで十分なようです。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL