Zend Server Developer Edition (Ubuntu)

ローカルPCにインストールしていたZend Serverのライセンスが切れたのでAWSでZend Serverのインスタンスを借りることにしました。

AWS marketplaceで「PHP 5.6 - Zend Server Developer Edition (Ubuntu)」のインスタンスを契約(RHEL版もあります)。リージョンはap-northeast-1(Tokyo)、インスタンスタイプはt2.smallです。

Zend Server0.03/時$21.60/月
EC20.032/時$23.04/月
合計0.062/時$44.64/月
費用は1ヶ月稼働させ続けたら、月5,000円弱。
最初の30日はZend Serverの分は無料で、EC2のインスタンス料金だけで済みます。

これだけだと起動する度に毎回IPが変わってしまい、WordPressが使えなくなるので、Elastic IPで固定IPを割り当ててDNSに登録することにしました。
Zend Server + EC20.768/12時間
Elastic IP$0.06/12時間
合計$0.774/日
平日に12時間稼働させたとすると大体月額2000円弱になります(Elastic IPは割り当てたインスタンスが停止していた時間分が課金対象)。これなら$240のパッケージ(1年ライセンス)や月額$20のサブスクリプションより、EC2のインスタンスが使える分お得じゃないかなと。


とりあえず、MySQLが無かったのでインストール
$ sudo apt-get install mysql-server

phpMyAdminとWordPressはZend ServerのApplication Deployからインストール
WordPressは4.3.1だったので、4.7.3にアップデート

アップデートの際に、パーミッションエラーになったので

$ sudo chown -R www-data:zend /usr/local/zend/var/apps/http/(virtual-host)/80/4.3.1_11
$ sudo vi /usr/local/zend/var/apps/http/(virtual-host)/80/4.3.1_11/wp-config.php

wp-config.php
define('FS_METHOD','direct');

を追加

と、一通り設定が終わったところで、いつも使っているのがCentOSやAmazon LinuxなのでRHEL版にすればよかったと思ったり…。


Z-Rayを有効にしても、そこそこのレスポンスなので開発用には十分。もう少し使ってみてから、AWS Lambdaでインスタンスの起動と停止を自動化してみます。
コメント