[モノフェローズ] SONY BRAVIA UNIT ネットワークTVボックス BRX-NT1

※使用中の「BRX-NT1」はWillVii株式会社様より無償でお借りしています。

2月末から忙しかったせいもあるんですが、というか余った時間をほとんどCoD4に費やしていた(´д`)ので、借りていたネットワークTVボックスのエントリをまとめず放置してました(´д`)。

パッケージ内容


ブラビア(46X5000)の背面に取り付けるアタッチメントも付いていたんですが、返却のときに外すのが面倒な感じがしたので、縦置きスタンドを付けてテレビの横に設置。

最初にブラビアのマルチリモコンを登録して、VODボタンを使えるようにしてみようと思ったんですが、数回チャレンジしても登録できず、何度かACアダプタを抜いてトライしてみたら、登録できました。なんとなく、BDZ-X90より無線リモコンの登録がシビアな感じがしました。

本体前面


本体背面


コネクター類はHDMI、D端子、LAN端子のみでシンプル。今回、ブラビアのHDMI3にBRX-NT1をHDMI接続しました。

ブラビアのVODボタンを押すとBRX-NT1の電源が入り、ブラビアの外部入力が自動的にHDMI3に切り替わります。

BRX-NT1のXMB画面


選べるサービスは

・GYAO NEXT
・オンデマンドTVビデオサービス
・クラビットアリーナ
・アクトビラ
・GYAO
・オンデマンドTVスカパー!SELECTチャンネルサービス
・eyeVio

の7つ。

この内、オンデマンドTV(ビデオ/スカパー!)は、ずっと開始予定の表示のままで視聴できなかったんですが、結局、事業譲渡のため、サービスインは見送りとなったようで、実際には5つのサービスしか使えません。

で、実際に各サービスを視聴してみたんですが、

eyeVio


画質が一番よかったのがeyeVio。ただ、途中で再生が引っかかって止まってしまうので視聴に耐えません。

GYAOの画質は、まあアレです(´д`)。

GYAO NEXTでも画質はDVD、SD放送以下といった感じで、とりあえずストーリーだけ追っかけておきたいドラマがあるといった理由がなければ、お金を払って観たいとは思いませんでした。

クラビットアリーナもSD放送並の画質なんですが、コンテンツにアニメが多いので、まだマシかなぁと。



とはいえ、オリジナルサイズで再生すると、この小ささ(´・ω・`)。リモコンで画面いっぱいに引き延ばすことができるんですが、そうするとブロックノイズが目立ってしまい、かなりイラっとします。

アクトビラはUIが終わっているので、再生すらせず。

全体的にレスポンスも緩慢で、「これならPCで視聴したほうがいいや」という結論に至りました。

不満点はいずれも、BRX-NT1のハードウェア的な問題ではなくて、ネットワークビデオサービス自体が、まだまだ大画面の液晶テレビで使えるサービスになっていないといった感じなので、アレですが、J:COMのオンデマンドサービスなんかは、画質もよくて、レスポンスもまずまずだったので、どうしてもそれと比較しちゃうんですよねぇ。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL