[モノフェローズ] Logicool diNovo Edge:「困った・・・」

※使用中の「Logicool diNovo Edge」はWillVii株式会社様より無償でお借りしています。

diNovo Edgeですが、キーボード配列を修正する早速パッチを当てて使ってみようと思っていた矢先に問題発生。

Shiftキーやカーソルキーを押すと、Type Aの赤外線リモコンのボタンが押されたときのランチャー画面が出てしまうようになりました。
しかも、その赤外線リモコンのボタンが連打された状態・・・。

タスクマネージャーを見るとVAIO Event ServiceとVRL.exe(VAIOリモコンのランチャー)のタスクが連続して起動・終了を繰り返し、殆どPCを操作できない状態に・・・。

まぁ、こういうときに限って急ぎの仕事があったりするんですが、PCが操作不能では何も出来ないので、とりあえず復旧。

定期的にVRL.exeが起動するのを回避しながら、とりあえずVAIO Event Serviceを一旦停止したら、VRL.exeが勝手に起動することは無くなりました。

でも、このサービスを止めると、BDドライブのイジェクトボタンとかも効かなくなっちゃうんだよな・・・。

Type A本体のキーボードにもオーディオボリュームボタン等が付いてるし、SetPointの何かとコンフリクトしているのかもしれません。

仕方なく、SetPointをアンインストールしてみたんですが、症状が治まりません。書き換えられたレジストリが元に戻っていないとか、そんな感じでしょうか。これは、OSごとリカバリするしかなさそう・・・。

リカバリインストール後に、もう一度だけチャレンジしてみますが、また再現するようなら、返却するしかないですね。

それにしてもSetPointはクセ者。パッチを当てないと使えない時点で、ハードルを高くしていると思うんですが、高々、キーボードを変更するだけで、OSのリカバリまでしないといけなくなるとは思いませんでした・・・。

(つづく)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL