[モノフェローズ] ソニー ロケフリHome HD LF-W1HD (3)

※使用中の「ソニー ロケフリHome HD」はWillVii株式会社様より無償でお借りしています。

年末年始の3週間ほど使用した感想をまとめときます。

結局、前回のエントリーでわかる通り、LinkTheater LT-H90LANを購入してしまいました(´д`)。

ロケフリ Home HDは、とにかく設置が簡単で、無線でも安定してHD映像を配信できる良くできた機械だと思います。

ただ、リビングにAV機器が集中していて、それを各個人の部屋で視聴したいといったケースには向いていないですね。

ロケフリHome HDはロケフリNetworkとは違い、2点間の送受信しかできないので、悪く言えば、無線化された延長ケーブルと同じ。

リビングのテレビ周りにモノを置きたくないとか、各部屋に分散した録画機器をリビングで視聴したいとか、時間帯によって視聴する部屋が綺麗に分割されているといったような限られた用途にしか使えない気がします。

ウチの場合、特に録画機器のHDMIコントロールをオフにしないと使えないのが致命的で、一時的にBDZ-X90のHDMIコントロールをオフにしましたが、やはりリビングのAV機器を一括コントロールできないのは不便で、すぐに設定を戻しました。

こうなると、リビングで家族がテレビを観ていないか気にしながら使うしかなく、この時点で、ロケフリを選択する可能性は無くなりました。

ということで、不満な点が多いながらもLinkTheaterを選択。

無線接続の性能は良かったし、AVCへのトランスコードも優秀なので、送信機側にDLNAサーバー非対応機器をDLNAサーバーにしちゃう機能がついていて、DLNAクライアントやPSPに配信可能みたいな仕様だったら、即買いするんだけどなぁ。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL