BRAVIAの映像設定で遊ぶ

AVアンプとテレビはHDMI1本で接続していたんですが、SA605はコンポーネント入力をHDMI出力時に720pに変換してしまうので、HDMIケーブルとコンポーネントケーブルの2本で接続することに。

AVアンプにコンポーネント入力しているXBOX360と、HDDレコーダーはアンプをスルーして、XBOX360は1080p出力、HDDレコーダーの出力は1080i出力でBRAVIAへ。

デジタルWOWOWの「森のリトルギャング」と「ポセイドン」を録画してあったので、それで映像調整。

省電力:減(暗)
バックライト:2
ピクチャー:90
明るさ:50
色の濃さ:50
色あい:標準
色温度:低1
シャープネス:50
ノイズリダクション:切
MPEGノイズリダクション:弱
MRC-MFモード切換:モード1
MRC-MFパレット:35:25
黒補正:中
アドバンストC.E.:中
ガンマ補正:中
クリアホワイト:弱
カラースペース:ワイド
ライブカラー:強
ディテールエンハンサー:強
エッジエンハンサー:切

こんな感じが好みっぽい。

CGアニメーション映画でディテールエンハンサーを強にすると、テクスチャーがよく見えて面白い。

エッジエンハンサーは字幕の輪郭が崩れるくらい補正されるので、オフに。

映画「ポセイドン」はセプテントリオンそのまんまのパニック映画なんですが、役者が常に水を被っているんで、肌がテカっているせいか、妙に人物が立体的。もう裸眼立体視できる勢いで、普通に感動ですよ。

これ映像設定だけで1ヶ月くらい遊べそうな(´д`)。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL