ReadyNASでRAID5ボリュームを復旧

Ready NAS 104でRAIDボリュームの障害が起きました。

ボリューム: ボリューム data の状態は Redundant から Degradedへ変更されました。


壊れたディスクは2年くらい前に購入したWD Green 3TB。
そして、今回はWD Blue 3TBを購入。WD Greenシリーズは終了してWD Blueに統合されたようです。

3TB x 4の12TB(RAID5で9TB使用可能)の構成でしたが、障害は起きてもディスクが1本使えないだけで、6TBのNASとして普通に使えました。

ホットプラグ対応なので、電源を入れたままディスクを交換すれば、RAID5ボリュームの再構築が始まります。


再構築完了まで46時間。
最近、使わなくなった仮想PCのイメージをごっそり削除したので、大分空きスペースがあるんですが、結構時間がかかるようです。

ちなみに再構築中も、NASへのアクセスは可能。

ここ10年くらいNASを使っていて、RAID5の再構築は初めてです。大抵、本体が先に壊れるんで…。

ReadyNASは安定していて使いやすいんですが、ちょっと転送速度が遅い(平均25MB/sくらい)のが不満。価格とスペックを考えれば仕方ないんですが、クアッドコア・4ベイあたりのNASにそろそろ買い換えたいです。

SynologyやQNAPではDockerが使えるらしいので、次に買い換えるとしたら、そのあたりかな。



簡易水冷とSSDを交換

自作PCパーツを交換してから3年経過したこともあって、あちこちガタがきています。

まずは、簡易水冷から異音と振動が。

冷却性能自体には問題が無いので、もしかしたら、ラジエターファンだけ交換すれば大丈夫かもしれなかったのですが、念のため、Corsair H100からCorsair H110i GTXに交換。

ラジエターサイズが240mmから280mmになって、ファンも120mm x 2から140mm x 2と、かなり大きくなりました。

使っているケース(Cooler Master HAF 932)のスペース的には余裕なのですが、ネジ穴が240mmサイズのみなので、280mmのH110i GTXは、無理矢理取り付けました。8本のネジ穴のうち中央付近の4つだけ使い、筐体の天板がメッシュなので、メッシュの穴にネジを通して固定。

H100系を使っていた人は、素直に同サイズのものに交換したほうが無難です…。

ラジエターファンはアイドル状態だと、H100では2000rpm前後だったのに対し、H110i GTXは1300rpm。CPUの温度も36度前後から28度前後まで下がりました(H110iGTX Coolerのデバイスドライバーをインストールしないと800rpm固定となってしまうので注意)。

とりあえず、異音も振動も無くなったので安心。


それと、ブートドライブに使っているIntel 510 120GB SSDも不調。120GB x 2のRAID-0で構成していましたが、内1台に修復できないエラーが発生。フォーマットして一応、復旧はしたのですが、ここ数ヶ月、その個体だけiRST上でエラーが頻発していたので(chkdskでは問題無し)、2台とも交換。

たまたま、amazonでまとめ買いキャンペーンをやっていて、2台買うと1000円安くなるということで、256GBのSSDを2台購入。今回は、256GB x 2のRAID-1で構成しました。

これで、交換していないパーツはケースと光学ドライブだけになり、8年目に突入。

次にマザーボードとCPUを交換するタイミングで、ケースも換えたいところですが、280mmのラジエターを格納できるケースって、そんなに種類がないようで、やはりH100i GTXにすれば良かったかな…。



MySQL Workbench 6.3.5でMalformed packetエラー

MySQL Workbench 6.3.5ですが、Windows版でSSH tunnel経由の接続を行うと"Malformed packet"エラーとなってしまい、接続できないようです。

http://bugs.mysql.com/bug.php?id=78947

6.3.4が入手できなかったので、6.1をインストールしなおしたら、問題無く接続できました。

"Malformed packet"のキーワードでググってしまうと、ネットワークアダプタ関連のWorkaroundばかりで、ハマってしまうのでメモ。

3年越しの自作PC安定

ここ3年ほど、自作PCでスリープできない(スリープから復帰できない)問題を抱えておりました。

メモリを32GB積んでいることもあって、仮想メモリとハイバネーションをOFFにしているので、それの影響か、USB関連の問題なんだろうなと、諦めていたんですが、Windows 10をクリーンインストールしたら、あっさり治りました…。

スリープできなくなったのはWindows 7の頃でWindows 7 > Windows 8 > Windows 8.1 > Windows 10とアップグレードしていく過程で、スリープの不具合も引き継いでいたようです。

Windows 7の頃に一度クリーンインストールをしても改善しなかったので、すっかり対策の候補から外していました。なにより面倒臭いですからね…。

原因がわからないのが気持ち悪いですが、電源を落とすくらいなら、アイドル時のクロックを落としてつけっぱなしのほうがいい、という運用をしてきたので、それよりはマシです。


それに加えて、今年の6月にグラボとサウンドカードを追加してから、一定時間経過するとフリーズしてしまう現象にも悩まされてきました。

ブルースクリーンになるわけでもなく、画面が停止して一切の操作ができなくなるので、VGAが怪しいと、アレコレ対策(ドライバーのクリーンインストール、ボードの抜き差し、設定変更などなど)してきたのですが、まったく効果が無く、最終的に電源まで交換したのですが、原因はサウンドカード(Sound Blaster Z)でした。

使用しているPCケースが、PCIスロットにカードを樹脂製のピンで固定する方式のものだったのですが、これをやめてネジ止めしたら治るという、物理的な問題。

PhysXの設定を変更したら、2日間止まらなかった!と歓喜していた2ヶ月前の私に教えてあげたいです。


Sound Blaster Zに換えてから、いろいろと問題があって、Creative Audio Serviceが常にCPUの使用率を15%ほど消費してしまうので、アイドル状態でもCPUのクロックが下がらず、無駄に電力消費をしてしまうので、このサービスだけ無効にしています。

ともあれ、(Fallout 4の発売前に)普通の状態に戻って、なにより。

教訓:パーツを交換するのは1日1個まで。




PCパーツを新調

今使っている自作PCは、ケース、電源、光学ドライブは7年目、それ以外は3年目に突入していて、そろそろマルっと交換したい気分なのですが、円安の影響もあって、すっかりタイミングを逃してしまい、全パーツを新調するのは厳しい…。

というか電源が7年経っているので、そろそろヤバい気もするのですが、電圧が不安定になることもないので、先送り…。精神的満足感が得られるVGAとサウンドまわりのパーツを交換してみました。

まずはVGA。

しばらくAMD勢だったのですが、当時は1枚で3画面を出せるカードがAMDからしか出ていなかったからで、3D Vision対応のモニタも持っていることだし、今回はGTX 980に乗り換え。GTX 980 Tiが出るようなので、値下がりするのを期待していたのですが、7万前後で落ち着いてしまったようです。

ASUSTekのOC版ですが、アイドル状態(GPUコアの温度が45度前後)だとVGAのファンが停止するようになっていて、かなり静かになりました。

次にサウンドカード。

長い間、Sound Blaster Recon 3D(USB)を使用していて、1台目は壊れてしまい、現在2台目を使っているのですが、OSをWindows 8.1にしてから、OS起動時に音が鳴らない現象が発生するようになりました。
おそらくUEFIでUSB電源ON > BIOSに戻ってUSB電源OFF > OS起動後にUSB電源ONというシーケンスになってしまっているので、デバイスの初期化に失敗しているのかもしれません。

USBを抜き差しすると復帰するのですが、起動時に毎回やるのが面倒くさすぎて、光デジタル入力(PS4の音声をヘッドセットで聴きながらSkypeを使うことが多いので)がある内蔵カードにしてみました。

Recon 3Dのコントロールパネルでは光デジタル入力のボリューム調整をできなかったんですが、Z-Seriesのコントロールパネルではミキサーで入力レベルを調整できるようになっていました。これだけでも買い換えて良かったかも。

最後にヘッドセット。

2年前くらいにRazer BlackSharkを購入して使っていたのですが、イヤークッションが破れてしまい、交換用のクッションも販売していなかったので(代理店に問い合わせて入手した方もいるようですが)、サウンドカードも買い換えたことだし、analogサラウンド対応のヘッドセットに買い換えてみようと、おなじくRazerのTiamat 7.1を購入しました。Tiamatが欲しくてたまらない病にかかる前に、5.1chのサウンドカードを買ってしまったのが悔やまれます…。

今はマウスもRazer Naga Hex、キーパッドにRazer Nostromoを使っているので、あれだけ使っていたロジクール製品は、すっかり駆逐されました。

Razer BlackSharkの前にロジクールのヘッドセットを買ったりしているんですが、装着感が酷くて1ヶ月で使わなくなったり、マウスの600rも、2ヶ月でチャタリングが発生するようになったりで、すっかりアンチになってしまったようです。MX Masterは出るのが遅すぎますよ…。



selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
Google AdSense
CreativeCommons
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス