NETGEAR ReadyNAS 104

Aspire easyStore H342がお亡くなりに


Windows Home Serverで動いているH342なんですが、どうやら8/13のWindows Updateが原因でお亡くなりになったようです。再起動しても数分でアクセス不能になる状態で、リモートデスクトップでWindows Updateの履歴をみると、8/14にKB2982791がインストールされていて、8/20にもいくつかのパッチが当たっていました。アクセスできないのに気づいたのが8/21なので、8/14の月例パッチ後の再起動では問題がなく、8/20に2回目の再起動を行ったときに症状が出た模様。

以前に一度、64bit版のWindows 7からリカバリをしようとしたら"NetworkError"という表示が出て、XP Modeを利用してもダメ。最終的に32bit版のWindows 7が入ったノートPCからリカバリしたような記憶があります。今現在64bit環境しか持ち合わせていないため、一応リカバリを試してみたものの、やはりダメでした。

SSHで接続できるNASを探す


今回、原因を特定するまでにえらく時間がかかってしまったので、LinuxベースでSSHが利用できるものに限定してNAS選びをしてみました。

この時点で国内メーカーのNASは、ほぼ全滅(あれこれすれば出来るものが多いんですが)。QNAPは高すぎる。ということでNETGEARのReadyNASがよさげだったので、3TB HDD 4本と一緒に購入してみました。

ReadyNASは、Debian 7(Wheezy)で動いています。apt-getとかしなくても、管理画面からインストールできるアドオンにWordPress、Dokuwiki、RADIUS Sever、MySQL Server、PHPMyAdminなんかがあって便利です。

管理画面
右上の「SSH」のパネルをクリックして緑色に点灯した状態にするとSSHが利用できます(が、NETGEARのサポート対象外となります)。


SSHでログインして、どんなデーモンが動いてるのかを見てみた
# service --status-all
 [ + ]  apache2
 [ + ]  avahi-daemon
 [ - ]  bootlogs
 [ ? ]  bootmisc.sh
 [ ? ]  checkfs.sh
 [ ? ]  checkroot-bootclean.sh
 [ - ]  checkroot.sh
 [ + ]  connman
 [ + ]  cron
 [ - ]  ctscand
 [ + ]  dbus
 [ - ]  forked-daapd
 [ - ]  hostname.sh
 [ ? ]  hwclock.sh
 [ ? ]  killprocs
 [ - ]  leafp2p
 [ - ]  lsyncd
 [ + ]  mdadm
 [ + ]  minissdpd
 [ ? ]  mountall-bootclean.sh
 [ ? ]  mountall.sh
 [ ? ]  mountdevsubfs.sh
 [ ? ]  mountkernfs.sh
 [ ? ]  mountnfs-bootclean.sh
 [ ? ]  mountnfs.sh
 [ ? ]  mtab.sh
 [ - ]  nfs-common
 [ - ]  nfs-kernel-server
 [ - ]  nut-client
 [ - ]  nut-server
 [ + ]  procps
 [ - ]  rmnologin
 [ - ]  rpcbind
 [ - ]  rsync
 [ ? ]  sendsigs
 [ - ]  snmpd
 [ + ]  ssh
 [ + ]  udev
 [ ? ]  udev-mtab
 [ ? ]  umountfs
 [ ? ]  umountnfs.sh
 [ ? ]  umountroot
 [ - ]  ups-monitor
 [ - ]  urandom 

Ethernetポートは2つあって、チーミングも可。ついでにIEEE 802.3ad対応のスイッチも買おうと思ったのですが、PC側が1ポートしかないので、そのうち。

Windows 8.1のExplorer()


一部ミラーリングしていたボリュームはデータが取り出せそうだったので、PCに接続してネットワーク経由でコピーしようとしたのですが、2GB程度のフォルダのコピーで12時間以上かかった上に、途中でエクスプローラーがコケるという…。全体の容量はそれほど大きくないのですが、小さなファイルが数万ファイルあったので、リストアップするだけで10時間くらいかかり、やっとコピーが始まったと思ったらコケちゃうエクスプローラーかわいい。

そして、ReadyNASのUSB 3.0ポートにHDDを接続して同じフォルダをコピーしたら5分もかからずに終了ですよ。ただ、ファイル数が多いと、管理画面からのコピーではタイムアウトになってしまうこともあるので、SSHでログインして/media/USB_HDD_?から/dataにcpコマンドでコピーしました。

ストレージサービスにスナップショットを保存する


今回は、デフォルトのX-RAID(自動拡張のRAID5)でアレイを構築。しかし、RAID5でも痛い目にあっているので、あまり信用していません。ディスク個体の初期不良の保険といった感じで。

だいたい3年でHDDか本体が壊れるし、HDDは1本壊れたら大抵連鎖するのと、3年もたてばNAS自体が陳腐化しているので、まるっとNASを買い換えたほうがいいですね。

この機種はバックアップジョブを登録して、iSCSI(AWS Storage Gateway経由でAmazon S3とか)やクラウドストレージ(ReadyNAS Vault/DropBox)への定期バックアップが行えるのですが、AWS Storage Gatewayは最低120 USD/月くらいかかるのでiSCSIは無理。DropBoxは、やや容量不足なので、rsyncとcronを使ってAmazon S3にバックアップすることにしました。

この機種は、管理画面でS.M.A.R.T.を読めるのと、エラーが発生したらメールが飛んでくるので、壊れる前に買い換えるようにしないと…。



PC TV with nasne

先月公開されたPC TV with nasneの体験版をインストールしてみました。

OSをWindows 8.1にしてから、Power DVD 13やDiXiM Digital PC Plus等でDTCP-IP経由の再生が出来なくなっていたのですが、PC TV with nasneを試してみて原因がわかりました。

原因は「Hyper-Vの仮想スイッチ」。

パケットスニーフは許さない!ってことだと思うんですが、面倒くさいですね。

仮想スイッチマネージャーで作成していた仮想スイッチを全て削除したら、Power DVD 13、DiXiM Digital PC Plus、PC TV with nasneの全てで録画したコンテンツを再生できるようになりました。

ただ、ライブチューナーは、PC TV with nasneだけ「再生が中断されました」と出て再生できず。でも、他のプレイヤーでライブチューナーの再生はできるようになったので、問題無しです。


ありがとう! PC TV with nasne (使わないけど)


ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 20,389
(2013-10-10)


PS4 SSD換装

CFD販売の512GB SSDを購入したのでPS4に載せてみました。

ディスクコピーが出来る「裸族のお立ち台」を持っていたので、USBメモリを使ったシステムの新規インストールでは無く、HDDの中身をまるごとコピーしての換装です。ちなみに、HDDにはFF14β、龍が如く維新、KNACKをインストール済みでした。

裸族のお立ち台のスロット2にコピー元ディスク(PS4内蔵のHDD)、スロット1にコピー先ディスク(今回購入した512GB SSD)を指してCOPYボタンを長押しし、STARTボタンを押すだけ。コピー先のディスク容量がコピー元より大きければ、コピー先のディスクはフォーマットする必要も無し。

およそ1時間半ほどでコピーが終了し、あとはPS4にセットして起動するだけ。

換装後にスタンバイが正常にできないケースがあるようですが、特にそういった問題も発生せず、無事換装完了です。


EIZO FlexScan EV2736W

DELLのU2711のバックライトが限界に近づきつつあるので、買い換え。
とにかく、U2711は発熱がひどいので、ようやく、のぼせから解放されそうです。

買い換えにあたって、USBのUP/DOWNポートが付いているのを条件に探していたので、あまり候補が無いのですが、EV2736Wが7万を切っていたので、amazonでポチ。EIZOのモニタも安く手に入るようになりましたなあ。

かなりベゼル薄いのがイイ。それから、基本的にPCつけっぱな人なので、ユーザーの離着席を感知して電源ON/OFFできるのがよさげです。

Zend Studio 10.5でSmartyPDTを使う

Zend Studio 10.5を使っていて、古いコードをメンテナンスするときに、Smartyのテンプレートも識別してほしいので、SmartyPDTをインストール。
http://code.google.com/p/smartypdt/

しかし、インストール時に、以下のリポジトリを指定してインストールするとエラーが発生してインストールできません。
http://smartypdt.googlecode.com/svn/trunk/org.eclipse.php.smarty.updatesite/

以下のリポジトリを予め追加しておくと、依存ファイルを取得できるようになってインストールできます。
http://download.eclipse.org/releases/juno/


selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
Google AdSense
CreativeCommons
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス